未来はここから生まれる!クラウドファンディングの仕組みとは?

このページは


  • クラウドファンディングってよく聞くけど一体何だろう?
  • 自分でもできるのだろうか?

という好奇心旺盛な君の為に、いったいどういう仕組みでクラウドファンディングが運営されているのかを初心者でもわかるように解説しているページです。

某掲示板では「乞食」とか言ってるバカがいるけど、アベノミクス第三の矢として国が積極的に後押ししているから安心してほしい。

クラウドファンディングが一体どのように運営され、君にどういう恩恵があるのかを知れば、きっとクラウドファンディングに大きな未来を見ることができますよ。

そもそもクラウドファンディングって何?

クラウドファンディング(Crowdfunding)とは、インターネット上で「私はこれをしたいけどお金がないので資金を募集します!」とアピール。
これに賛同した人たちからお金を調達して、プロジェクトを実行する仕組みのことを言います。

言葉の由来は「群衆(crowd)」と「資金調達(funding)」を組み合わせてできた造語。

多くの人から少しのお金を集めて、ひとつのプロジェクトをできるだけのお金を集めるというのが特徴的ですね。

クラウドファンディングには報酬によって3タイプ存在しますが、大きな流れはそう大差がありません。

  • お金が正しく使われているかを確認できる寄付型
  • 限定品や特別な先行サービスが受けられる購入型
  • 見返りは投資した以上のお金である投資型(ソーシャルレンディング)

通常、クラウドファンディングと言えば購入型を指すので、このページでも断りがない限り購入型を事例に解説させていただきます。

「寄付」や「投資」という言葉が使われているけど、実際には融資(相手にお金を貸している)になるピヨ

クラウドファンディングが実施されるまでの流れ

クラウドファンディングが実際に行われるには、以下のようなステップが必要になります。

  1. 発案者は何をしたいのかを具現化
  2. 実現させるためにはいったいいくらかかるかを計算
  3. クラウドファンティング会社が審査
  4. アイディアをクラウドファンディングのサイトで大々的にアピール!
  5. お金が集まれば実行される!
  6. プロジェクトが完成したら商品があなたのもとへ届く

発案者何をしたいのかを具現化

クラウドファンディングで一番大切なのは「何がしたいのかを明確にする」ことですね。

発案者(個人・会社)が「これを作りたい!」と頭の中でアイディアを思い浮かべても、それが現実的でないケースがあります。

発案者は実際にプロトタイプや実験を行い、本当に可能なのかを何度も確認する必要があります。

ここがあやふやだと実現不可能な詐欺プロジェクトになってしまい、某大型掲示板やツイッターなどで大炎上しますね。

現に、明らかに不可能なのにそれを実行しようと資金を募集しているケースが度々発見されています。

私たちが投資する際は「本当に実現可能なのだろうか?」という疑う心が必要です。

実現させるためにはいったいいくらかかるかを計算

現実的に可能だと思ったら、次は実現までにいくら必要なのかを試算します。
発案者にとっては金額が多ければ大きいほど資金調達の難易度が上がりますね。

この時、投資してくれた人のリターンの分も考慮しましょう。

ここで手軽な金額、大きなリターンを与えなければ資金は中々集まらない。
発案者の営業力が試されます。

クラウドファンティング会社が審査

アイディアとリターンを設定したら、いよいよクラウドファンティングを運営している会社に相談です。

  • 募集してきた発案者の身元確認
  • 本当に実行できるのか?
  • その金額を集められるのか?

などなど、詐欺者ではないのかチェックを受けます。

ただ、専門的なもの過ぎて見逃されるケースや、審査的に問題ないものの、のちに倫理的な問題が発覚するケースがありますので注意しましょう。

アイディアをクラウドファンディングサイトで大々的にアピール!

無事に審査を受けて初めてクラウドファンティングのサイトでプロジェクトが公開されます。

クラウドファンディングは「少額の金額を多くの人から集める」ということがコンセプト。
なので、完成イメージを動画で紹介すると多くの投資家達がワクワクして資金が集まりやすくなります。

私たち投資家としては、それが自分にとってほしいものなのか?現実的なのか、ということを一度考えてから投資しましょう。

一度応募してしまったら、プロジェクトが却下されない限りお金は帰ってきませんからね。

お金が集まれば実行される!

無事に資金が集まればプロジェクトが開始。
発案者はプロジェクトを有言実行する必要性があります。

投資した人は、各クラウディング会社のサイトにて今どの程度進捗しているのかを確認することができます。

無事に完成することを願いましょう。

完成!

無事にプロジェクトが完了したら、あたなの手元に商品が届きます。

発案者は完成した製品をネット上で販売したりすることも可能ですので、もしかしたら大ブームになるかもしれませんね。

「成功しそうだから安心」「これはちょっと実現しなさそうだから詐欺だろうな」

なんて思っていると、「成功しやすいのに詐欺だった」「実現不可能っぽかったのに実現してしまった」というプロジェクトもいくつかあったピヨ。

結局のところ、「このプロジェクトだから投資して応援したい!」という心こそが一番大切なんだピヨ

考え方自体は昔からあった

クラウドファンディングは最近ブームになっている新しい投資の形なのですが、実際ははるか昔からこういった考え方はありました。

一番有名なのは神社やお寺でのお祭り、仏像の資金調達ですね。
奈良の大仏で有名な「東大寺大仏」もそうです。

奈良の大仏は751年に完成しましたが、1567年に室町時代末期の戦乱により破壊されています。
それを公慶というお坊さんが「奈良の大仏を再建しよう!」と全国を巡り、少しずつ少額の寄付金を集めて再建を果たしました。

アメリカの象徴でもある自由の女神。その台座資金も奈良の大仏と同様に民衆からの寄付金によって完成しています。

どちらも国家が行えばとんでもない負担になっていた事業ピヨ。

役人は「いかにお金を懐に入れるのか」で頭がいっぱいだから、こういった提案者が行うのは理にかなっていたピヨ。

乞食とどう違うの?

ネット上ではクラウドファンディングのことを「ネット乞食」とののしる人がいます。
新しい技術が誕生すると、このように全く知らない人からのバッシングが起こることは世の常。

クラウドファンディングは乞食とは明確に違う、立派な経済活動のひとつであり、経済発展を促す強力なカードの1つです。

まずは乞食や何かを一度確認しましょう。

「乞食(こじき)」とは、食べ物や金銭を恵んでもらうことで生活をする人の事をいいます。
たとえ食品やお金を与えたとしてもあなたには何のメリットもありません。

その点、クラウドファンティングは「何らかのリターンが見込める」「こちらが損害を受けるケースが少ない」という点で違います。

クラウドファンディングは「投資型」「寄付型」「購入型」に分かれていると言いましたが、どのパターンでもお金を投資すればあなたに何らかのリターンが発生します。

購入型なら商品が、寄付型ならどういった活動をしているのかといった報告。投資型なら資金ですね。

クラウドファンディングと乞食の違いは経済発展に役立つのかになります。

それでも乞食と考える人へ

確かに、プロジェクトが完成しないまま打ち切りになってしまうケースや、完成品が予定していたものとだいぶ違うということも多々あります。

これについて「全然違うじゃないか!」といいたい気持ちもあるでしょう。

ただ、法律上、そういった苦情が言えない事情があるので、その辺りで文句を言う人が出てきてしまうのは仕方のない事なのかもしれません。

なぜ苦情が言えないのかについては「匿名組合とは」をごらんください。

これだけは覚えておけ!ピヨタローのまとめ3本の矢

  1. クラウドファンディングは多くの人から少ないお金を集める手法である
  2. あなたに帰ってくるリターンにより「寄付型」「購入型」「投資型」に分かれる
  3. 言葉としては新しいが、考え方自体ははるか昔からあった

クラウドファンディングはネットがない時代だと人の足で全国を巡ったり、新聞などで募集するしかなかったピヨ。
プロジェクトの案件も国家規模の予算が必要であり、かなりの苦労があったの。

今ではインターネットや輸送に関する技術の発達により、多くの人が気軽に資金を募集、リターンをプレゼントできるまで豊かになったピヨ。

クラウドファンディングはまさに「21世紀の経済発展スタイル」と言っても過言ではないよ。

どうでもいいけど、「少額のお金を集めて大きなことを成し遂げる」と聞いて初期のモーニング娘。を思い出したのはピヨタローだけかな?

押してくれたらピヨタローが喜びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ピヨタローのひとこと

木曜日は何かと憂鬱な日だピヨ。

平日だったら連日の疲れでグッタリ。

休日だったら「明日休みなら三連休だったのに…」と考えてしまうピヨ。